端午の節句(こどもの日)について。端午の節句(こどもの日)はどんな行事?日本の伝統的な年中行事から端午の節句(こどもの日)とは何の日かを説明します。

端午の節句

端午の節句(こどもの日)とは。端午の節句(子供の日)の意味と行事の内容。また端午の節句(子供の日)にお勧め、人気のギフト・贈り物・お祝い品の紹介も。



【端午の節句(こどもの日)】の説明

名称端午の節句(こどもの日)
いつ?5月5日
何の日?端午の節句とは、5月5日の節句こと。国民の祝日「こどもの日」
由来端午の節句の「端」=「初め」、「午」=「五」であり「端午」で「5月初めの5日」という意味。
5月5日が「こどもの日」に制定されたのは、祝日法が公布・施行された1948年です。


【端午の節句(こどもの日)】の行事

鯉のぼり
男の子の出世を願って、鯉が滝を上って竜になるという中国の故事にちなんでいます。
江戸時代以降、端午の節句は「男子の節句」とされ、甲冑やのぼりを飾りましたが、現代では武者人形や刀、鯉のぼりをたててお祝いします。
かしわ餅
かしわの葉が、若い葉が出ないと古葉が落ちないことから、跡継ぎが絶えないという縁起にならったものです。
粽(ちまき)
ちまきは中国から伝来したもので、古くは「茅(ちがや)」の葉で包んでいたため、「茅巻き(ちがやまき)」と呼ばれていました。
「茅」は「ち」とも言い、主として「ち」が用いられるようになりました。
関東ではちまきではなく柏餅が一般的。
菖蒲湯
菖蒲は古くから薬草として用いられています。魔よけの植物といわれるので、菖蒲を入れた湯で入浴します。
地方によっては、菖蒲を束ねたものを軒先につるして、疫病災難を除く風習もあります。

【端午の節句(こどもの日)】にお勧めのギフト・贈り物・お祝い品