八十八夜(はちじゅうはちや)について。八十八夜はどんな行事?日本の伝統的な年中行事から八十八夜とは何の日かを説明します。

八十八夜

八十八夜とは。八十八夜の意味と行事の内容。また八十八夜にお勧め、人気のギフト・贈り物・お祝い品の紹介も。



【八十八夜】の説明

名称八十八夜
いつ?立春から数えて88日目の日で毎年5月2日頃
何の日?春から夏へ移る境目の日としての雑節の1つ、日本独自
由来"八十八"という字を組み合わせると「米」という字になることから、この日は農業に従事する人にとっては特別重要な日。
特にお茶の葉は、一度でも霜に当たると駄目になることから、この八十八夜を冷害を回避する目安の日としてきました。


【八十八夜】の行事

お茶摘み
この日に摘んだ茶は上等なものとされ、この日にお茶を飲むと長生きするといわれています。
茶の産地京都府宇治市などでは、昔ながらの赤いたすきにかすり姿の女性達が茶畑に入って茶摘みの実演をしたりもします。

【八十八夜】にお勧めのギフト・贈り物・お祝い品