春分の日(お彼岸)について。春分の日(お彼岸)はどんな行事?日本の伝統的な年中行事から春分の日(お彼岸)とは何の日かを説明します。

春分の日(お彼岸)

春分の日(お彼岸)とは。春分の日(お彼岸)の意味と行事の内容。また春分の日(お彼岸)にお勧め、人気のギフト・贈り物・お祝い品の紹介も。



【春分の日(お彼岸)】の説明

名称春分の日(お彼岸)
いつ?3月20日頃
何の日?「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日で祝日。お墓詣りをして先祖の霊を供養する日。
由来春分と秋分には、太陽が真東から昇り真西に沈むので、沈む太陽を礼拝し彼岸を想い、極楽浄土に生まれ変わることを願ったのが始まり。


【春分の日(お彼岸)】の行事

春分の日はいつ?
春分の日は、3月20日から3月21日ごろ。
国立天文台が作成する『暦象年表』という小冊子に基づいて閣議で決定され、前年2月第1平日付の官報で発表されます。よって2年後以降の春分の日の日付は確定していないことになります。
なお、天文計算上2025年までは閏年とその翌年が3月20日になり、その他の年は3月21日となる予定です。
お彼岸の始まり
彼岸とはその名の通り「岸の向こう」のことで「悟りの世界」。
春分と秋分の日は昼夜の長さが同じで、暑くも寒くもないほどほどの季節。西方極楽浄土におられる阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしいという考えから、次第に人々の生活に浄土をしのぶ日、またあの世にいる祖先をしのぶ日として定着していったようです。
お彼岸は太陽が真西に沈む時期。彼岸の語源は「日願」であり、太陽を信仰するところから始まったという説もあります。
「ぼたもち」と「おはぎ」の違い
「ぼたもち」と「おはぎ」は、餅米とアンコで作られた同じ食べ物をさします。
春の彼岸にお供えする場合は「牡丹餅」(ぼたんもち/ぼたもち)で一般的にはこしあんを使用します。
一方、秋にお供えする場合は萩(はぎ)の花を意識して「お萩」(おはぎ)と呼ばれ、あんは粒あんを使用します。
春の彼岸は種まきの頃、秋の彼岸は収穫の頃ですから、豊作を祈り感謝する気持ちと、先祖供養の気持ちが、彼岸に「ぼた餅・おはぎ」をお供えする習慣として伝えられてきました。

【春分の日(お彼岸)】にお勧めのギフト・贈り物・お祝い品